忍者ブログ

シベリア画道

お絵かきブログ 12月22日

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「仏蘭人形」ないしは「球種」について



前回に引き続き厚塗りイラストです。
モチーフはみんな大好き(?)ふらんちゃん。
実は結構前に完成していたのですが、こちらでの発表は遅れてしまいました。

思えば僕が絵(のような何か)を描き始めた最初の経験は油絵でした。
それまではロクに色も塗った経験もなかったので、油絵での手法が僕にとっての色塗りの原点と言えます。(そういえるほどの経験はないですが(汗)
PCデジタルをはじめたのは二年半前。
そのころは、油絵の延長というか、ぐちゃぐちゃと厚塗りのようなものばかり描いていました。

が、やがて線画主体の絵(らしきもの)も描くようになり、今年に入ってからは線画の絵ばかり描いていました。
厚塗り熱が戻ってきたきっかけは、この前にあげたイラストと今回のイラスト。

やっぱ楽しいです。
しばらく忘れてましたけど、思いっきり塗れる感じがします。
球種でいうとストレートって感じでしょうか。

線画の絵はきれいに塗れて計算は立つんですが、イメージ的にはちょっと「抜く」感じなので、カーブとかチェンジアップみたいな感じです。

はい。意味わからないですね。
すいません。変なたとえで(汗)

ともあれ、この二種類の塗り方が私の描くおもな絵の形という訳です。
二つとも臨機応変に使い分けて「使える球」にしていきたいですね。
案外、この二つは相互に作用し合っていて、どちらかで得た経験がどちらかに役に立つということはままあります。

線画法は主に形の感覚。
厚塗り法は、色の感覚において主に役立つことが多い気がします。

暇なとき、三種類目の球について考えることはありますが・・・それはまだ人前に見せられるようなものではないですね(汗)

それでは、また。







PR

コメント

無題

どうも三等兵です。塗りはこうだと決めて(使う色や手法など)数をこなせば安定するのかもしれませんが、いろんな人の影響を受ける度に、別のやり方を試してみたくなったりします(汗)
でもそうやって模索している内が、あるいは絵を描いていて、一番面白い時期とも言えるのかもしれません。楽しみながら、描いていきたい所存でございます。

【2010/08/05 06:01】 NAME[三等兵] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

自分も塗り方毎回色んな事試してますが、模索中です(´`)三等兵さんの塗りは奥深くて大好きです。色んな絵待ってます~
【2010/07/26 16:02】 NAME[おのころ] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[01/20 てら]
[01/18 おのころー]
[07/26 てら]
[07/23 みのりかわ]
[01/16 三等兵]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Tera(三等兵)
HP:
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター